センター外研修・イベント

現在ご案内している研修

平成29年11月16日(木) 静岡県コンベンションアーツセンター グランシップ
平成29年11月~平成30年2月開催  各地
平成29年12月~平成30年2月  各地
平成29年12月8日(金)~9日(土) 静岡県コンベンションアーツセンター グランシップ
平成29年12月18日(月)19日(火) レイアップ御幸町ビル
平成30年1月27日(土) 安保ホール
2017年度11月~3月開催  首都圏各地

はじめての化学物質のリスクアセスメントセミナー【基礎コース】

 労働安全衛生法の改正により、平成28年6月1日から化学物質のリスクアセスメントが事業者の義務となりました。
化学物質に係るリスクアセスメントの手法は様々なものがありますが、本セミナーでは、労働安全衛生法の改正とリスクアセスメント手法の概要について簡単に解説をするとともに、リスクアセスメント支援ツールを用いて簡易にリスクアセスメントを実施する方法について解説します。

  【日程】
 平成29年11月29日(水) 広島会場
 平成29年12月  8日(金) 仙台会場
 平成29年12月12日(火) 大阪会場
 平成30年  1月11日(木) 東京会場
 平成30年  1月23日(火) 福岡会場
 平成30年  1月31日(水) 名古屋会場
 平成30年  2月  6日(火) 大阪会場
 平成30年  2月  8日(木) 東京会場

 

  【時間】

 共通 10:00~14:00(受付 9:30)

 

日程・会場・参加申込みはこちら → (みずほ情報総研株式会社HP)

改正労働安全衛生法に基づくリスクアセスメントの基本とGHSラベルを活用したHow to 職場の安全衛生教育【化学物質管理者入門コース】

 労働安全衛生法の改正に伴い、危険有害性のある多くの化学物質にはラベル表示が義務付けられることになりました。
 本講習会は事業場においてラベル表示を活用できるよう、主に安全衛生教育担当者を対象として開催します。
また、現在厚生労働省にて作成している、化学物質を取り扱う主な作業に対し、モデルとなるリスク低減対策を整理した「作業別モデル対策シート」を紹介するとともに、「改修版厚生労働省コントロール・バンディング」の簡単なデモンストレーションを実施する予定です。

  【日程】

 平成29年12月  7日(木)仙台
 平成29年12月18日(月)大阪
 平成29年12月19日(火)岡山
 平成29年12月20日(水)福岡
 平成30年  1月  9日(火)名古屋
 平成30年  1月12日(金)札幌
 平成30年  1月16日(火)新潟
 平成30年  1月22日(月)北九州
 平成30年  1月30日(火)名古屋
 平成30年  2月  2日(金)東京
 平成30年  2月  5日(月)大阪
 平成30年  2月  9日(金)東京

 

  【時間】

 共通 10:00~14:30(受付 9:30)

 

日程・会場・参加申込みはこちら → (みずほ情報総研株式会社HP)

第25回 日本産業ストレス学会

 
会 期:2017年12月8日(金)~9日(土)
会 場:静岡県コンベンションアーツセンター グランシップ
     (静岡市駿河区池田79-4)
演題募集:2017年6月1 日~7 月30日
事前参加登録:2017年6月1日~10月20日
 
アイコン
 事前に参加登録して頂くと参加費が当日受付より割引になります
 
  日本産業ストレス学会HPはこちら→
 

厚生労働省委託事業 「働き方改革」実践ノウハウ獲得セミナー

日 時:平成29年12月18日(月)、19日(火)13:00~17:00
会 場:レイアップ御幸町ビル(静岡市静岡市葵区御幸町11-8)
受講料:無料
定 員:80名

申込み・問合せ先
㈱東京リーガルマインド内労働条件関係セミナー事務局
 TEL.03-5913-6085
 FAX.03-5913-6409
 e-mail:rd-jouken01@lec-jp.com
 〒164-0001
 東京都中野区中野4-11-10 アーバンネット中野ビル
 担当:菅・吉田
 http://partner.lec-jp.com/ti/wsr/

日本産業衛生学会 東海地方会 第30回 産業保健スタッフのための研修会

海外勤務者の健康管理
グローバル時代を迎え、増え続ける海外出張・海外駐在者の健康課題は何か、また産業保健スタッフはどう支援すべきかについて考えてみましょう。
 
日 時:平成30年1月27日(土)13:00~16:45
会 場:安保ホール 301号室(名古屋駅より徒歩3分)
    (愛知県名古屋市中村区名駅3-15-9)
    アクセス〈 http://www.abohall.com/access/ 〉
参加費:無料
定 員:100名(要事前申込)
研修単位:なし
 
【教育講演】
海外勤務者の健康管理 問題点と支援のありかた
 渡航医学センター西新橋クリニック院長 大越 裕文 先生
【パネルディスカッション】
企業から海外渡航者に対する 具体的支援について考える
 
申込方法
WEBからお申し込みください → https://mailform.mface.jp/frms/izumiw/o4w3a8vcx1p2
締切 2018年1月15日(月)定員に達し次第締切

ご案内

(2017-10-18・943KB)

産業医科大学 首都圏プレミアムセミナー

過重労働、メンタルヘルス不調、少子高齢化対応、危険・有害物の取り扱い・・・
深刻かつ複雑化する働く人をとりまく健康問題の解決のために、産業医科大学がこれまでの叡智を結集、実践的で「プレミアムな教育事業」を始めます。
初年度は下記5コースを開講します。コースにより医師会や学会の認定単位も付与されます。
詳しくはホームページをご覧ください。
 
[2017年度開講コース] 詳しくはこちら
コース№1.「職場巡視と事例検討で学ぶ明日から使える産業医4STEP実技」コース(通い2日)
 <内容>実際の小売業・製造業の職場巡視と振り返り、職場復帰・事業者とのコミュニケーション法を学び、
     実務のスタートやより深い産業医活動への不安を解消する
コース№2.「産業疫学論文をどのように読みこなし実務に活かすか」コース (通い 全4回)
 <内容>「介入」「症例対照」「コホート」「記述疫学」と、毎回ホットな話題の各種論文を挙げ、批判的な
     読み方を身につけ、得られた知見を実務に活かす視点を養う
コース№3.産業医のスペシャリストを育成する弾丸セミナー (1泊2日+前後webサービス)
 <内容>プレテスト+合宿研修+個別相談で、労働衛生コンサルタント合格レベルの実力をつけ、濃密な時間
     で仲間を増やす。Webによる演習・個別相談付
コース№4.「産業保健と法」コース ~人と組織を支え育てる実践的法律論~(通い 全4回)
 <内容>発達障害・パーソナリティ障害・職場風土・過重労働・高年齢者雇用等、今日的な課題について、
     関連する法制度の解説とケースを用いた演習を第一人者により行う
コース№5.「産業看護職から支える健康経営」コース ~医療職として個と組織の未来を考える~
 <内容>企業で活動する医療職として、個の成長と組織でも価値ある存在となるあり方を考える
 
     (「産業医大 首都圏プレミアム」で検索ください)
お問合せ:産業医大首都圏事業推進室 e-Mail:shuto@mbox.pub.uoeh-u.ac.jp
     TEL093-691-7251(直)
 
こんな方にお勧めです!
    
*産業保健スタッフ : ◆資格はとったが、業務をスタートするのに不安がある
            ◆職場で系統だった指導を受ける機会が少ない
            ◆悩み・ノウハウを共有する仲間がいない
*人事・労務スタッフ : ◆新政策や法改正への対応を知りたい
             ◆自社の経営に健康・安全衛生面を強化したい など

リーフレット

(2017-09-26・911KB)