産業保健セミナー

産業保健セミナー

 産業保健に携わるすべての方に対し、主に当センターの専門スタッフ(産業保健相談員)が講師となり、専門的かつ実践的能力の向上を図ることを目的に産業保健セミナーを実施しております。皆様の受講をお待ちしております。

 

対 象:産業医、保健師、看護師、安全管理者、衛生管理者、安全衛生推進者、事業主、人事労務担当者 

    ほか産業保健に携わる方々

定 員:各会場の定員数(40名程度)をもって締め切り

受講料:無 料

時 間:14:00~16:00(各回共通)

 

 
  静岡労政会館 (静岡市葵区黒金町5−1)
  あざれあ (静岡市駿河区馬渕1-17-1)
  アクト研修交流センター (浜松市中区中央3−9−1)
  浜松市福祉交流センター (浜松市中区成子町140-8)
  三島商工会議所 (三島市一番町2−29) 
 
[ご注意]
・本セミナーは日本医師会の認定産業医研修ではありませんのでご承知下さい。
・申し込み後キャンセルされる場合は、事前に電話等で当センターまでご連絡下さい。

 
 受講票は発行しておりません
 
1月 ~ 3月
 
No 開催日
会 場
テ ー マ ・ 内 容 講 師
33 1月10日(水)

浜松市福祉
交流センター
快適な職場作りに繋げるハラスメント研修 北澤 哲也
相談員
職場における様々なハラスメントが問題となっております。それらハラスメントにより、メンタル面で体調を崩したり、パフォーマンス低下により職場全体の問題に至る結果となるなど、昨年の某大企業の過重労働問題でも問題点の1つとして挙げられております。
本セミナーではハラスメントの予防策について、快適職場づくりを目指す視点で解説いたします。(変更になる場合があります)
(11月29日三島会場にて開催)
34 1月12日(金)

静岡労政会館
“ポジティブに考える”を考える 菊池 光洋
相談員
ポジティブに生きようと思っていても、任された仕事が上手くいかないと「私は何をやってもだめ人間」と思ってしまったり、親友や恋人からメールの返事がこないと「きっと嫌われている」と落ち込んでしまう等、私たちの感情は、私たちの行動や考え方に支配されています。この研修では、セリグマンに代表される「無力感学習」の紹介を通じて、ネガティブとなってしまう原因を見直すとともに、ポジティブに考えるための演習(論理療法)を行います。
(10月19日三島会場、11月16日浜松会場にて開催)
35 1月17日(水)

静岡労政会館
現場で活きるメンタルヘルス対策 ~セルフケア・ラインケア~ 髙林 真子
相談員
メンタルヘルス対策と言っても具体的に何をどのようにすればよいのでしょうか?
また、ストレスチェック制度も2年目になり、その後の取り組みをどのように具体化していくのかも課題になっています。
メンタルヘルス問題の感度を高め、未然予防・早期発見・早期対処に役立つ研修です。事業場内でメンタルヘルス推進担当者や人事労務担当者が知っておくべきセルフケア・ラインケアについて、より実践的に取り組める具体策も含めて、分かりやすくお話しします。また、各事業場の取り組みを共有する時間も設けたいと思っています。お互い情報交換し、より現実的な取り組みになるようにしていきましょう。
(11月1日浜松会場、12月6日三島会場にて開催)
36 1月19日(金)

三島
商工会議所
健診結果の事後措置としての栄養指導の手法と第3期情報 菊池 眞代
相談員
特定健診がスタートしその結果が集積され効果も見えてきました。
そこで、国を挙げての健康施策が各所で動き始めており、「データヘルス」「健康経営」など、産業分野でも多方面に関与してきました。
今回は、生活習慣病対策として食生活が大きな要因を占め情報があふれる中、どのように対応したらよいか現場目線でお伝えするとともに、第3期特定健診・保健指導の情報も提供したいと考えます。
(11月20日浜松会場、12月12日静岡会場にて開催)
37 2月2日(金)

浜松市福祉
交流センター
過重労働を考えてみる 杉  敏彦
相談員
 今、労働衛生からの観点のみならず、社会的に大きな話題となっている過重労働問題・長時間労働問題を産業保健職としてどう捉え、考えていけば良いのか?今回は、この話題を考えてみたいと思います。
 (産業保健職向けですが、人事・上司等ご興味がある方はどなたでも)
38 2月8日(木)

静岡労政会館
快適な職場作りに繋げるハラスメント研修 北澤 哲也
相談員
1月10日開催のセミナーと同じ内容です
39 2月13日(火)

アクト研修
交流センター
ストレス対処とリラクセーション技法(自律訓練法)を学ぶ 伊東 明子
相談員
 私たちは日常でさまざまなストレスにさらされており、それらといかに上手に付き合っていくかが心身の健康を守るポイントになります。ストレスと上手な対処のポイントを学び、手軽にできるリラクセーション技法として自律訓練法を体験します。
40 2月19日(月)

静岡労政会館
(仮称)『ラベルでアクション』フォローアップセミナー
“最新情報とSDSの専門用語をピンポイントで理解する”
土屋 眞知子
相談員
 今年度3回シリーズで開催した「SDSの見方セミナー」には多くの方々にご参加頂きました。その後SDSの周知活動は順調に進んでいらっしゃいますでしょうか?
さて、既にご存知と思いますが、労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令が、平成 29 年8月3日に公布されました。この改正により、平成30年7月1日からアスファルト等 10 物質は、譲渡・提供の際のラベル表示、 SDS の交付、製造・取扱いの際のリスクアセスメントの実施が義務となります。
SDS等の周知活動が一段落すると同時にまた新たに追加対象義務物質の準備が必要になる訳ですが、少しでも理解に不安があっては活動の推進力に影響します。このような状況を考慮し、次年度の皆様の活動を支援するために再度SDSをテーマにセミナーを企画いたしました。
前回聞き忘れた項目又は良く理解できなかった定義、あるいは追加対象義務物質に関する事項等について、アンケート形式で事前に頂いた要望を基にピンポイントでじっくり解説いたします。
41 2月20日(火)

アクト研修
交流センター
カウンセリング技法の基礎を学ぶ
-悩みを持つ部下や同僚への接し方ー
杉本 好行
相談員
 ストレス社会といわれる今日、ストレスによる心身の不調を訴える従業員や心の病に陥る従業員が増加しています。このような状況を改善する対策としてストレスチェック制度が導入されました。今後は、自己のストレスに気がついた従業員が、悩みを打ち明けたり、相談しやすい職場づくりが必要となります。カウンセリングマインドはこうした職場づくりに役立ちます。
 本セミナーでは、こうしたカウンセリングマインドについて解説するとともに、体験学習を通じてその基礎的な技法について学びます。
42 2月23日(金)

三島
商工会議所
ストレス対処とリラクセーション技法(自律訓練法)を学ぶ 伊東 明子
相談員
2月13日開催のセミナーと同じ内容です
43 2月27日(火)

静岡労政会館
カウンセリング技法の基礎を学ぶ
-悩みを持つ部下や同僚への接し方ー
杉本 好行
相談員
2月20日開催のセミナーと同じ内容です
44 3月2日(金)

静岡労政会館
過重労働を考えてみる 杉  敏彦
相談員
2月2日開催のセミナーと同じ内容です
45 3月6日(火)

静岡労政会館
ストレス対処とリラクセーション技法(自律訓練法)を学ぶ 伊東 明子
相談員
2月13日開催のセミナーと同じ内容です
46 3月8日(木)

静岡労政会館
労働安全衛生法にみる労働衛生管理担当者の職務 飯村 義昭
相談員
化学物質管理、ストレス対策など衛生管理者をはじめとする衛生管理業務担当者の業務は増大するばかり。
その中で、本来やらなければならないことがおろそかになっていないでしょうか。基本に立ち戻り、その職務を整理するとともに、日常の疑問点を解消しましょう。
セミナーに関する質問を事前に募集します!
質疑応答では質問しにくいから終わった後で講師のところへ行って個別に質問する、といった光景がよく見られます。
講師に聞いてみたいこと、日ごろの疑問などを事前に申込書にご記入ください。
セミナー当日、講師が質問者名を伏せて回答いたします
複数受講される方は、どのセミナーに対するご質問かわかるようにお願いします。
 
 
 
 
 

メールでのお申込みができない方は、下記PDFをダウンロードしていただき、FAXにてお送りください。