産業保健セミナー

産業保健セミナー

 産業保健に携わるすべての方に対し、主に当センターの専門スタッフ(産業保健相談員)が講師となり、専門的かつ実践的能力の向上を図ることを目的に産業保健セミナーを実施しております。皆様の受講をお待ちしております。

 

対 象:産業医、保健師、看護師、安全管理者、衛生管理者、安全衛生推進者、事業主、人事労務担当者 

    ほか産業保健に携わる方々

定 員:各会場の定員数(40名程度)をもって締め切り

受講料:無 料

時 間:14:00~16:00(各回共通)
  

   【お願い】
  定員に達した研修につきましては、キャンセル待ちで受けつけております。
  キャンセル待ちの方のためにも、申込み後キャンセルされる場合は、お早目にご連絡下さい。
  無断キャンセルされた方は、次回の受講をお断りする場合があります。
 
会  場
所 在 地
電  話
静岡A
静岡市葵区黒金町5-1
054-221-6280
静岡B
静岡市駿河区馬渕1-17-1
054-255-8440
浜松A
浜松市中区中央3-9-1
053-451-1111
浜松B
浜松市中区成子町140-8
053-452-3131
三島A
三島市一番町2-29
055-975-4441
三島B
三島市一番町20-5
055-976-4455
 
受講票は発行しておりません
 
ストレスチェック結果の見方、活用講座
開 催 日
静岡A 平成30年6月12日(火)終了
三島B 平成30年6月22日(金)
浜松B 平成30年7月12日(木)
内   容
 ストレスチェックは実施しただけでは、会社にとって役に立っているのかわかりません。職場改善に生かすためには、集団分析も実施し、それらの結果を職場改善に生かす必要があります。しかし、これらの結果票などの見方がわからないといった声をよく聞きます。本セミナーでは、事業所でストレスチェックの実務を担当される皆様向けに、ストレスチェックの結果をどのように活用するかといった使い方やストレス判定図を用いた組織分析結果の見方など集団分析の活用法を解説します。
講   師
静岡A 西 賢一郎 相談員
三島B 杉 敏彦 相談員
浜松B 赤津 順一 相談員
摂食障害の理解と職場における支援について
開 催 日
浜松A 平成30年5月25日(金)終了
三島B 平成30年6月29日(金)
静岡A 平成30年7月13日(金)
内   容
 拒食症・過食症などで知られる摂食障害ついて理解を深めていただき、職場での予防や早期発見、また、摂食障害に罹患した労働者への職場での支援方法、職場から専門医への繋ぎ等について解説します。
講   師
浜松医科大学医学部付属病院精神科神経科 講師 竹林 淳和 氏
備   考
日本医師会認定産業医単位:生涯専門2単位(申請中)
やさしい測定機器の使い方
開 催 日
静岡A 平成30年7月26日(木)
内   容
  事務所等の空気環境は、快適な状態に維持することが求められています。
ここでは、難しい、面倒くさいと思われがちな照度、風速、ガス濃度、騒音等の測定を実際の測定器具を使って実習し、事務所の環境管理の基礎を学んでいただきます。普段、測定器具を取扱う機会の少ない方、これまでに全く使ったことのない方、新たに産業保健スタッフになられた方などにもおススメです。既に本研修を受けられた方も復習としてご利用ください。
講   師
目黒 輝久 相談員
備   考
毎年1回開催しているセミナーです
ストレスチェックを職場環境改善に活かそう~具体的な集団分析結果のフィードバックの方法~
開 催 日
浜松B 平成30年7月30日(月)
静岡A 平成30年8月3日(金)
内   容
 ストレスチェックにおける集団分析結果の職場へのフィードバックの方法を事例を交えながら分かりやすく説明します。ストレスチェック制度も3年目に入り、集団分析結果の経年変化も踏まえ、職場環境改善につなげることによりPDCAサイクルを回していきましょう。
講   師
足立 留美子 相談員
聴力検査と騒音評価 -健診と作業環境測定のポイント-
開 催 日
三島A 平成30年6月5日(火)終了
浜松A 平成30年7月3日(火)
静岡A 平成30年8月28日(火)
内   容
 産業衛生の基本的業務である健康診断・作業環境測定の中で、音を取り扱う聴力検査と騒音測定は、なかなか理解が難しいとの声を多く耳にします。
しかし、過大な音響から耳を守り聴覚の状態を適切に確認してゆくことは、働く人たちが将来難聴によってコミュニケーションが障害されたり認知機能の低下が生じたりすることを防ぐためにたいへん大切なつとめです。
このセミナーでは聴力検査および騒音測定の実際から、測定方法および結果解釈のポイント、さらにそれらを踏まえての事後措置や受診勧奨、職場環境の改善方法について解説し参加者の皆さまとこれからのありかたを一緒に考えて参ります。あわせて、受診勧奨において緊密な連携が望まれる耳鼻咽喉科医療機関側の県内の取り組みについてもご説明させていただきます。
講   師
原田 竜彦 相談員
備   考
日本医師会認定産業医単位:生涯専門2単位(申請中)
メンタル疾患関係の対応困難事例の原因と対応
開 催 日
浜松B 平成30年8月2日(木)    事業場分は定員のため、産業医のみ受付中 
三島A 平成30年8月23日(木) 定員30名
静岡A 平成30年9月11日(火)
内   容
精神科領域においては治療がスムーズに進まず対応に苦慮するというケースも多いです。診断に問題があるのか、治療に問題があるのか、対応や本人に何らかの問題があるのか…いろんな原因が推測されますが、事例を介して検討していきたいと思います。
 昨年同様、皆様から事前に事例を募集いたします。「現在、困っている事例」「過去に対応に悩んだ事例」などをお寄せください。当日、事業場名を伏せて、いただいた事例について説明いたします。
講   師
西村 勉 相談員
備   考
事前にお困りの事例をお寄せください
日本医師会認定産業医単位:生涯専門2単位(申請中)
 
 
 
セミナーに関する質問を事前に募集します!
 
 
質疑応答では質問しにくいから終わった後で講師のところへ行って個別に質問する、といった光景がよく見られます。
講師に聞いてみたいこと、日ごろの疑問などを事前に申込書にご記入ください。
セミナー当日、講師が質問者名を伏せて回答いたします
複数受講される方は、どのセミナーに対するご質問かわかるようにお願いします。
 
 
 
 
 

メールでのお申込みができない方は、下記PDFをダウンロードしていただき、FAXにてお送りください。