相談員の紹介

基幹相談員紹介

赤津 順一
臨床研修を終了後、母校の人間工学研究室で作業管理・作業環境管理の仕事に携わった後、メーカー、電力会社の産業医を経て、現在は(一財)日本予防医学協会 毛利診療所で働いています。産業医療の目的は、「環境に適応し、もてる能力を十分に発揮し、充実した人生を送れる状態」を労働年齢の長い時間軸を通じて保持し、安心して働ける環境づくりを支援していくことと考えています。産業保健の業務では、医療の考え方と企業の考え方のギャップや、作業管理・作業環境管理など通常の医療とは勝手が違い戸惑うことも多いですが、相談を通じて一緒に考え解決できればと考えております。どうぞ宜しくお願いいたします。
 
足立 留美子
 浜松医科大学公衆衛生学教室を経て、製造現場の専属産業医に長年携わり、現在は日本郵政株式会社の静岡地区の産業医として勤務しております。
 産業医として、労働者の健康課題に対し真摯に向き合い、従業員が生涯元気で活き活きと働ける職場づくりの一端を担えるように努力していきたいと考えております。相談員として、同じ産業保健に携わる皆様と一緒に労働者の健康確保のための活動に取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
大久保 浩司
 製造業生産工場の専属産業医から始まった職業生活は、病院の健診センター、本社・事務部門の産業医を経て、現在トヨタ自動車(株)の製造工場で専属産業医を行っております。
 会社によって産業保健のしくみは違いますが、その基本は法令をクリアすることです。しかし、それに加え各社の基本理念によって個別の対応は微妙に変わってきます。いろいろな企業を経験したことにより、相談員としてご相談いただいた方それぞれに合わせた対応ができるかと考えます。自分自身も研鑽を積んでいかなければなりませんが、ご相談いただいた方が幸せになれるようにお手伝いしたいと思います。
 
杉 敏彦
 信州大学医学部を卒業後、浜松医大・静岡済生会総合病院・静岡医療センター(旧東静病院)にて循環器内科医とし勤務し、2003年6月より三菱電機(株)静岡製作所、2008年10月より日立ジョンソンコントロールズ空調(株)(日立アプライアンス)清水事業所、そして2017年7月より(株)明電舎 沼津事業所にて専属産業医として勤務しております。
 産業保健においては、従業員・上司・人事・経営者・産業保健スタッフ・主治医等が互いにその立場の違いを理解しながら、気長に共に、より良い落とし所を探したり、折り合いを付けていこうする姿勢が大切だと考えています。そのために必要なスキルを皆さんと一緒に学んでいきたいと考えております。宜しくお願い申し上げます。
西 賢一郎

 産業医科大学医学部卒業。臨床研修終了後、産業保健修練コースを経て、機械メーカーの産業医として勤務。2013年よりジヤトコ株式会社で統括産業医として勤務しています。

 修練コースでは労働衛生工学について医師の視点から研究しておりました。職場ではその経験を活かし、産業医による作業環境改善活動を行っておりますが、昨今ストレスチェックの法制化等、メンタルヘルス対策にも職場環境改善が求められるようになりました。作業環境管理の考え方を応用した対策が活きてくるのではないかと思います。労働衛生コンサルタントの資格も持っておりますので、相談業務を通じて、皆様と一緒に産業保健に関する諸問題の解決に取り組むことができればと思います。

大橋 裕
 静岡県立こころの医療センターの大橋と申します。平成19年4月からメンタルヘルスの相談員に加わりました。私の外来にもうつ病で倒れた企業戦士の方が時々お見えになります精神疾患に対する理解や支援が未だ十分には受けられない中で、目に見えない敵と戦うのは、本当に大変なことです。働く方々のメンタルヘルスだけでなくQOLの向上を微力ながらもお手伝いすることができれば幸いです。宜しくお願い致します。
西村 勉
 平成13年10月よりメンタルヘルスに関する相談を担当させていただいております。名古屋大学医学部を卒業後、昭和63年から静岡の地で、精神科医として仕事をしてきました。養心荘(現こころの医療センター)精神保健福祉センターを経て、現在は溝口病院で勤務しています。 社会構造が大きく変化していると感じられる昨今、ストレスも増強しておりますが職場も例外ではなく、こころのケアが大切な時代になってきています。気軽に相談していただけますよう、よろしくお願いいたします。
清水 正昭
一般社団法人静岡県産業環境センターに勤務しております。
作業環境測定士・労働衛生(工学)コンサルタントとして多くの事業場の作業管理・作業環境管理の改善のお手伝いをしてきました。また、労働衛生教育(工学)の講師もしております。
作業現場の環境改善は設備等のハード対策だけではなく、管理体制や教育等のソフト対策の必要性を強く意識するようになりました。これまで培ってきた知識と経験を生かし、少しでも相談者のお役に立てればと思います。宜しくお願い致します。
目黒 輝久
第1種作業環境測定士として多くの作業現場をみましたが、正確な測定を行う以上に作業場から有害物質を効率よく取り除くことの必要性を感じ、局所排気装置の設計に取り組んできました。従来のプル型フードだけではなく、プッシュプル型換気装置の設計も手がけています。環境改善は局所排気装置だけではなく、作業をさまざまな角度から見直して検討することが大事ですので、この面で皆様のお役に立ちたいと思っています。
巽 あさみ
 製造業及び商社の保健師、藤田保健衛生大学を経て平成17年から浜松医科大学医学部 教授として、主に産業保健の科目を担当しています。長年現場で健康相談、メンタルヘルスの相談や教育を行ってきました。心身の健康について、いつもと様子が違うのに気が付くのは同僚、上司、または医療保健スタッフです。 職場における社員の心の不調の気づき方やそれにどう対応していくかについてお手伝いさせていただきたいと思います。
杉本 好行
 名古屋大学教育学部教育心理学科を卒業後、病院臨床を経て静岡県に心理判定員として採用されました。県職員としては、精神保健センター、保健所、こころと体の相談センターなどで相談業務に従事しました。その後、常葉大学、静岡福祉大学で教鞭をとり、現在に至っております。
 専門は心理学ですが、特に臨床心理士の資格をバックに様々な相談業務を行っております。ストレス社会といわれる今日、職場のメンタルヘルスの問題は最重要課題となっております。少しでも相談者のお役にたてればと思っております。
青山 京子
おもに中小企業の衛生管理担当者や事業場所属の保健師・看護師の方々の相談やセミナーを行ってきました。
産業保健活動はステレオタイプの対応は通用しがたく、事業場ごとで本質を見極め、複眼的に対策を工夫していくことが改善のポイントになると考えています。その支援ができればと思います。

特別相談員紹介

遠田 和彦
 産業医科大学を卒業後、神奈川県の病院で臨床研修、福岡県の病院で循環器内科の専門修練を経験し、JR東海の専属産業医として平成12年に静岡県に赴任しました。
 JR東海での15年の産業医実務経験を生かして少しでも社会貢献できれば、と考えて相談員を引き受けさせていただきました。
自身の実務経験から、循環器疾患を中心とした突然死予防、メンタルヘルス不調者対策、睡眠障害対策、分散事業形態の健康管理体制、休職復職判定など、特に運輸業で重視される健康管理上のテーマに強い関心を持っております。
よろしくお願いいたします。
住吉 健一
 専属産業医をしています。勤務先企業には、現業職から研究職まで、種々の業種の従業員が所属しており、作業管理・作業環境管理から、生活習慣病・メンタルヘルスまで広範囲の健康管理に忙殺されています。産業保健の難しい理論には理解が乏しいかと思いますが、産業医になって16年目になりますので実務面では少しわかりかけてきた部分もあります。ご相談者の皆様といろいろ勉強していきたいと思いますので、宜しくお願いいたします。
原田 竜彦
 これまで耳鼻咽喉科医師として20年あまり臨床に従事し、聴覚を中心とした基礎研究にも携わって参りました。その中で聴覚障害の多くは内耳障害による不可逆的なものであり、予防対策が重要であることを痛感しております。成人における聴覚障害の予防には職場環境が鍵であると言えます。すでに多くの事業所で取り組まれている騒音対策は難聴の発生防止の基本ですが、そのほかにも喫煙やメタボ症候群対策も将来的な難聴を防止する効果が期待できますし、メンタルヘルスケアもメニエール病からの不可逆的な難聴の合併を防止することに役立つと考えております。耳鼻咽喉科を専門とする医師が相談員に加わることで、職場におけるこれらの障害予防対策に貢献できればと考えております。また、耳鼻咽喉科の扱う領域は繊細な感覚を有しており、全身的な不調に至る前の段階で症状が現れやすい領域です。耳鼻咽喉科の知識を全身的な疾患や障害の予防にも役立てることができればと考えております。
山本 誠
 産業医科大学医学部卒業。臨床研修終了後、産業医大の卒後修練課程を経て、2009年よりヤマハ株式会社に専属産業医として勤務しております。
 卒後修練課程では、新規化学物質の吸入曝露に関する研究をしながら、金融業や小売業、旅客鉄道業などの嘱託産業医活動を経験しました。
今までの経験から、中小規模のグループ企業の健康診断事後措置やメンタルヘルス職場復帰支援、メンタルヘルス管理職研修、個人情報の保護、適正配置、化学物質管理に関心があります。
浜松市出身として相談員という仕事は、地元に恩返しが出来る良い機会と感じています。宜しくお願い致します。
土屋 真知子
 (社)静岡県産業環境センターに在職しております。昭和49年1月に分析技術者として入社、当時は環境関係の分析に携わっていました。昭和54年から作業環境測定士として製造現場等の測定に従事しております。最近は労働衛生コンサルタントとして環境改善指導や、安全衛生教育の依頼も多くなっています。現場指導を好んで実施し、「やかまし屋」となっているようです。よろしくお願いいたします。
菊池 眞代

 ヤマハ(株)健康管理センターで、管理栄養士として健診後の栄養・保健指導、および健康講話等を中心に活動してきました。入社以来、給食管理業務を行ってきましたが、ジュビロ磐田で3年間栄養サポートをし、Jリーグ優勝の実績があります。

厚生労働省へ産業分野の管理栄養士業務を紹介し、勉強会への召致が現在の特定健診の骨格となったと考えられます。産業保健として有所見者削減のため、生活習慣病対策に管理栄養士として寄与できれば幸いです。

相談員の日程、相談受付はこちら

 
22