健康関係

「職場の健康診断実施強化月間」について

 平成25 年6月に閣議決定された「日本再興戦略」のロードマップにおいて「健診受診率の向上」が目標として掲げられたこと等により、労働安全衛生法に基づく事業者による健康診断及び事後措置を改めて徹底するため、平成25 年度より全国労働衛生週間準備月間である毎年9月を「職場の健康診断実施強化月間」と位置付け、集中的・重点的な指導を行っています。

                 

   ※健康診断に係る資料(P92~98に掲載)

平成29年度健康増進普及月間

 「1に運動 2に食事 しっかり禁煙 最後にクスリ 〜健康寿命の延伸〜」 
 平均寿命の著しい伸長にみられるように、近年の国民の健康水準の向上には目覚ましいものがある一方、人口の高齢化、社会生活環境の急激な変化等に伴い、糖尿病、がん、心臓病、脳卒中等に代表される生活習慣病の増加等が大きな問題となっています。
 人口の高齢化及び疾病構造の変化を勘案すれば、疾病の早期発見や治療に留まることなく、生活習慣を改善して健康を増進し、生活習慣病等の発病を予防する「一次予防」に重点を置いた対策を強力に推進し、壮年期死亡の減少及び認知症、寝たきりにならない状態で生活できる期間である「健康寿命」の延伸を図っていくことが極めて重要となっています。
 また、生活習慣病は日常生活のあり方と深く関連していることから、国民の健康の保持・増進を図るためには、運動習慣の定着や食生活の改善といった健康的な生活習慣の確立が重要です。
 このため、生活習慣病の特性や運動・食事・禁煙など個人の生活習慣の改善の重要性についての国民ひとり一人の理解を深め、さらにその健康づくりの実践を促進するため、毎年9月1日〜30日の1ヶ月間を「健康増進普及月間」とし食生活改善普及運動と連携して、種々の行事等が全国的に実施されます。

  実施要綱(厚生労働省)   
 
  スマート・ライフ・プロジェクト(厚生労働省 健康局 がん対策・健康増進課)
 

 歩く・ウォーキングのイラスト     食事のイラスト     喫煙・煙草を吸う人のイラスト                   

ロコモ関係

ロコモチャレンジ!(ロコモ チャレンジ!推進協議会)

ロコモチャレンジ!

ロコモティブシンドロームを、医療・企業・行政の枠を超えて社会的に取り組むテーマであると考え、広くロコモを啓発し、ロコモに負けない社会をつくるため、立ち上げられた協議会のホームページです。

ともすると難しく、暗い調子になってしまう高齢者の運動器の問題を、「日本社会全体の、チャレンジ!」と位置づけ、「ロコモ チャレンジ!」というアクションワードを設置しました。

  1. ロコモをしっかり予防するのもチャレンジ!
  2. ロコモの正しい知識を広めるのもチャレンジ!
  3. 整形外科を受診するのもチャレンジ!

生活者、社会、医療の3つの視点から「チャレンジ!」を宣言。高齢者や中高年だけの問題ではなく、社会全体の問題として、一般化をはかっています。

詳しくはコチラ→ ロコモチャレンジ!

参考:健康日本21(第2次)の推進に関する参考資料